カンジダ膣炎予防とサプリメント

薬で治療しても再発する事が多いカンジダ膣炎

「気が狂いそうになるくらいの痒みは、もう勘弁…」
そんな人前でも股間をかきむしりたくなる位重症化する事もあるカンジダ膣炎(膣カンジダ症)ですが、薬で治療しても再発を繰り返していませんか?

薬は、一時しのぎに過ぎないので再発するのは当然のことです。

カンジダ膣炎は、外陰膣真菌症の90%以上を占めます。
そのうち、一生涯に一度だけ罹患する女性は、75%程度。
2回以上繰り返す女性は、実に全体の45%にも及びます。

2人に1人が再発するのがカンジダ膣炎。
それだけ再発するリスクが高いデータが出ている事も踏まえるという事は、薬を飲んでも再発すると言っているようなものです。

根本的に治す、予防する方向へ体質を改善していく必要があります。
その為には、普段から免疫力の高い状態を維持する必要がありますが、そんなカンジダ膣炎に最適なサプリメントがあるので、それらの紹介と解説をします。

カンジダの原因とサプリメントの紹介

カンジダ膣炎の原因は、膣内の病原性真菌の増加です。
真菌が増えるという事は、デーデルライン桿菌が減少している状態。
免疫力の低下です。つまり、原因は、あなたの体質。

なら、免疫力を元に戻せば良い。
体質が改善すれば、自然とカンジダを防ぐ事が可能です。

デーデルライン桿菌がたくさん増えれば、膣内は酸性に保たれるので、カンジダなどの病原性の真菌は、繁殖しづらくなります。

なら、その為にすべきことは?

『デーデルライン桿菌を増やす!』
これさえできれば、カンジダは自然治癒に向かいます。
とてもシンプルなメカニズムです。

この為に最適なサプリメントがドクターズチョイスに有りました。
>>デーデルライン桿菌含有のサプリメント

このサプリメントは、デーデルライン桿菌が膣内に居る女性だからこその対策です。
免疫力が低下しているところに、薬(抗生物質)を投与するのは、カンジダには有効かもしれませんが膣内の菌のバランスを崩したままで何の改善もありません。

抗生物質の投与は、一時的に症状が治まっただけです。
それより、もっと根本的部分を見直していきたいなら、試す価値のあるサプリメントの一つです。

ハーブの作用がカンジダ膣炎の予防に特化

もう一つ、もっと直接的なカンジダのサプリメントがあります。
それが、カンジダクリアスーパーです。

もはやカンジダを治す為に存在するような印象ですが、薬ではないサプリメントでカンジダに効果的というのはどういう事なのでしょうか?
こんな名前をつけて大丈夫なのか心配になりますね…。

このサプリメントには、カンジダへの抵抗力を高める成分がぎっしり詰まっています。
天然ハーブ由来の成分が主です。

購入者のレビューには、「今までは痒みからおりものの酒粕化が有ったのに、これを飲むようになってから無くなった」というものまでありました。その通りなら、再発の度に薬に頼らざるを得なかった状況を改善できる可能性を持ったサプリメントだと思います。

>>カンジダクリアスーパーの詳細確認はこちら

デーデルライン桿菌の働きとは?

カンジダ膣炎を防ぐデーデルライン桿菌は、乳酸菌の一つです。
膣内を酸性に保つ働きがあります。

悪玉菌などの細菌は、アルカリ性で繁殖力が高くなります。
反対に、膣内が酸性だと繁殖を抑える事ができるので、デーデルライン桿菌が多ければ、膣内は自浄作用で守られているのです。

また、膣壁の細胞には、グリコーゲンという物質が豊富で、これを分解して酸を作り出す働きがデーデルライン桿菌にあります。このサイクルがカンジダ膣炎を防ぐ為にも必要不可欠なのです。

この菌が減ったらカンジダ膣炎を再発しやすくなるのは言うまでも有りません。
膣内のph値がアルカリ側に傾くので。

それを防ぐ為には、不足したデーデルライン桿菌を増やすようにする。
という意味で、ドクターズチョイスのフェミプロバイオが補給に最適な役割を担ってくれます。

併せて行いたいオリモノのニオイ対策

カンジダ膣炎や細菌性膣炎などでは、オリモノ臭や量がひどい場合の対策。
これは、結果として、カンジダ膣炎の予防にもつながるかもしれません。

最適な成分の一つとして、ピクノジェノールを紹介します。
ピクノジェノール自体が子宮内膜症にも有効と言われていて、女性の生理を改善するサプリメントとしても人気がある事は、周知の情報です。

子宮内膜症予防でピクノジェノールのサプリメントを飲み続けると、、、
「オリモノの量やニオイ減った」
「血液が以前のようにドロっとしなくなった」

などのレビューもあるので、ニオイ対策に用いてみるのも一つの方法です。

加齢によって生理の血液もドロっとしてくる事が増えます。
ですが、ピクノジェノールのサプリメントを服用しつづけた実践者の中には、
「10代に戻ったようなサラサラな血になってきた」なんていう感想も有るほどです。

これは、一般的なピクノジェノールサプリメントでのレビューなのですが、ドクターズチョイスのピクノジェノールは特許を持つ純ピクノジェノール使用なので、品質で選ぶなら間違い有りません。

もしもの対策として、参考になればと思います。

殺菌力に優れているのに安全な液体石けん

石けんでの洗いすぎは、カンジダ膣炎を誘発します。

洗いすぎは、禁物で返って悪化させる事も有ります。
石けん(ソープ)では、バイ菌を洗い流す事ができても、カンジダ菌(細菌類)はしぶとく残っている事もあるから危険なのです。

菌のバランスが変化し、カンジダが増えやすい環境ができてしまうのです。
また、固形石けんは、弱アルカリ性。
これもまた、細菌の繁殖を手助けしてしまう結果に・・・。

必要なら膣洗浄液を使わなくてはなりません。

弱酸性のボディソープではダメ?

確かに、ボディソープには、弱酸性もあります。
ただし、それは、石油から化学的に合成して作られたものだけです。
洗浄力が強すぎる事もあるので、結果洗いすぎは避けられないかもしれません。

洗浄方法にこだわるなら、男性のカンジダ症にも用いられるファンガソープ(EX)があります。

このソープは、ティーツリーやシアバターを主要成分としている液体タイプの石けんで、水虫(白癬菌)や男性のカンジダ症である亀頭包皮炎の患者さんが、ロテュリミン(男性カンジダ用塗り薬)と併用で使われるケースも多いようです。

主成分のティーツリーは、高い殺菌力があるだけでなく、皮膚炎や発疹、ヘルペスなど予防にも向いていて、洗い上がりも心地よく、シアバター配合で保湿力もあるので、デリケートゾーンにも使いやすい液体石けんとなっているようです。

>>ファンガソープEXの解説サイトへ

その点もファンガソープなら、殺菌力(ティーツリー)もあり、実際に、カンジダ症や感染症で用いる方が多く利用しているという実績が何よりの結果ではないでしょうか。

直接的な自然治癒の対策なら、サプリメントのフェミプロバイオとカンジダクリアスーパー。
オリモノも改善したいなら、ピクノジェノール。
そして、洗浄には、ファンガソープ。

どれも、実際に効果を実感している人も多いようなので、あれこれとサプリメントを探しては試すを繰り返すより優先度は高いように思います。